歯並びが悪いとどんなデメリットがある?

歯並びが綺麗な女性の口元

歯並びというのは多少悪いくらいならばさほど影響はありませんが、かなり歯列の状態が悪くなっていてかみ合わせが悪くなっていたり、変な癖が付いている場合には問題が出てきます。
遺伝的要因も多少はありますが、頬杖をつく癖ができてしまいそれを続けていった結果顔に歪みが生じてしまったり、口呼吸になることで口元の締りが悪くなるというのも珍しくはありません。

歯並びが悪いことは毎日の歯磨きにも多少は影響があり、磨き残しができることで歯周病になりやすくなる場合もあります。
様々なリスクがあるというのも事実なので、かみ合わせがおかしくて普段変な噛み方をする癖が付いている方や、なんとなく顔に歪みが目立ってきた場合には、それらは歯列の悪さによって引き起こされていることも多いのです。
口呼吸をする習慣は体にとってもあまり良いことではなく、むしろ一刻も早く改善しなくてはならない症状の一つです。
口を開けた時に歯並びの悪さが目立っている場合には、多少なりともリスクがあるというのは知っておかなくてはなりません。

歯並びの悪さが悪影響を与えるのは健康だけではなく、第一印象や他の人に与える印象も多少は関係してしまいます。
どんなにキレイに着飾っていても、歯を見せて笑った時に歯のラインがガタガタになっているとどうしても目立ってしまうため、見た目の印象もマイナスになってしまいます。
まだ日本では歯並びが悪くても許される社会ですが、海外に行くと歯並びが悪ければ治すというのが常識になっているので、海外旅行に行った時には現地の人に違和感を与えることもあります。
遺伝的要因でなっている人でもその原因に関係なく体や第一印象に対して悪い影響を与えるというのは事実です。
もちろん歯並びをさほど気にしないという人もいますが、かみ合わせで上手くものを噛むことができなかったり、歯を食いしばるときに変な癖が付いている方は、歯並びの悪さが原因となってそうなっていることも少なくありません。
歯並びが悪い状態が気になっているのにも関わらず放置し続けるというのは、口腔内の衛生的にも体全体の健康の面でも影響を与えることがあります。
歯の一部分だけがやたらとすり減っていたり、受け口になっていたり、歯が二重になっているという方は、一刻も早く改善をすることが大事です。
歯並びはもとに戻してさえしまえばその後は安定した歯列で生活ができるので、違和感も全て解決できます。